Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
足もみについて

花粉症に効果あり? 足をもんで体をあたためる理由とは。

足のしびれ

<女性限定>東村山にある足裏マッサージサロン若石足療セラヴィのサロンオーナー山田愛です。前回に続き、今回も花粉症関連の投稿です。

前回はそれって思い込み?花粉症になる人、花粉症にならない人の違い。について書きました。一般的に言われている「花粉症になる人、ならない人」の特徴が私には当てはまりませんでした、というお話しです。

今回は、足もみ効果と花粉症についてです。

足をもんで血流促進 | 花粉症に効果があるのか

寝込む

花粉症とは、体内に異物(花粉)が入ることにより起こるアレルギー症状です。アレルギーは免疫力が低下することで引き起こりやすくなるため、『免疫力』とも深い関係があります。

花粉症と体温の関係

腎臓のツボ

足をもむと血流が良くなり体がポカポカします。体温も上がっていることでしょう。しかし、それが免疫力アップにつながっているとは医学的に言えないそうなんです。

では何のために足をもむのか。痛い思いをしてまで体温をあげないといけないのか。理由は、症状の緩和です。

花粉症を治しているわけではありません。鼻づまり、目のかゆみ、せきの症状を緩和しているのです。

足をもんで体をあたためる理由

花粉症

粘膜の多い鼻や目は外の空気にふれやすくウイルスが体内に入りやすいため、とくにアレルギー症状が強くでます。

花粉症の症状で多い鼻づまりは鼻粘膜の腫れによるもの。粘膜の血流を良くすることで腫れがひき、鼻づまりがやわらぎます。お風呂に入ったとき鼻のとおりが良くなるのは、鼻腔に暖かい空気が入ったことと、湯船で体をあたためたこと。

一時的に体温が上がったからです。

でも、一日中お風呂に入るわけにもいかないですよね。だからこそ、いつでもどこでも体をあたためることのできる「足もみ」が効果的なんです。

体温が上がるその他のメリット

骨

花粉症から少し話がそれますが、免疫力を上げる方法としてよく取り上げられるのが『体温を上げる』こと。でも実は体温を上げる⇒免疫力アップには医学的根拠はありません

が、一つだけいえることは体温が1度上がれば細胞が元気になります。免疫細胞の一つNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化すればガンへの攻撃力が強まるためガンになりにくい体づくり(ガン予防)ができます

免疫細胞が元気になれば、免疫力アップと言えるのでは?

と思われがちですが、専門家の方が言うには「免疫力アップと免疫細胞が元気になるのはまた別の話」のようです。

まとめ

からだ全体の血流を良くするには、もっとも冷えやすい足をあたためることから始まります。

あなたの足はいまあたたかいですか?

花粉症で苦しんでいるあなた、お風呂に入ったら鼻のとおりが良くなりませんか?

自分の体が喜ぶこと、体が楽になることって案外経験していることが多いです。それに気づいてあげられるか。気づいたとき、自分に何ができるのかを考え行動すれば、花粉症の症状もやわらぎます。

花粉症とはうまくつきあい、症状の緩和を少しでも長く維持できるよう向き合っていきましょう。

2019年春リニューアルオープン

2017年1月~渋谷区初台のシェアサロンにて営業を行ってまいりましたが、2019年春頃東村山市でリニューアルオープンする運びとなりました。現在、オープンにむけて準備中です。営業日が決まりましたら当ブログ、サロンホームページでお知らせ致します。

▼ポチっと押していただけると励みになります。


リフレクソロジー(反射療法)ランキング

error: Content is protected !!