Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
人間のからだについて

風邪と血液と細胞 | これがわかれば足もみ効果がわかります。

寝込む

<女性限定>東村山市のリフレクソロジーサロン若石足療セラヴィのサロンオーナー山田愛です。

「足をもんでもらった後に喉の痛みが消えました」と先日伝えてくださったお客様。

その後のブログで「なぜ足もみが風邪に効果的だったのか」を書いていなかったので今日は「風邪」の足もみ効果について触れたいと思います。

風邪

花粉症

一般的な鼻風邪や咳、発熱、悪寒・・・。風邪の諸症状にはいろいろありますよね。そもそも風邪は何故かかるのでしょうか。

風邪にかかりやすい人

想像してみてください。風邪にかかりやすい人はどんなタイプの人ですか?

疲れが溜まっている。

不規則な生活が続いている。

食事で十分な栄養が摂れていない。

運動不足。

など。

免疫のしくみ

お白湯

風邪を「ウイルス」に変えてみます。

私たちが生活している環境には目に見えないウイルスがたくさん存在しています。そのウイルスが体内に入り込むと「外部からの侵入者!!」として体は感知します。

そして血液内だけでなくリンパ液の中にも存在する白血球がウイルスを攻撃します。このしくみを免疫と呼びます。

白血球

気血水

白血球の中にはB細胞やT細胞(高校の時に習ったなー)、さらに強力なNK(ナチュラルキラー細胞)があります。

これらが正常に働くことにより体が守られているわけですが、細胞を元気に(活性化)するには必要なものがあります。

酸素と栄養

デトックス

口や鼻から取り入れる酸素、食べ物から吸収する栄養。この2つが必要です。

「人間は60兆個の細胞からできている」と一般的に言われていますが、その細胞に「酸素」や「栄養」を届けているのは血液です。

血液は血管を通りますが血管のどこかで流れがストップしてしまうと・・・細胞は「酸素」も「栄養」も届けられずどうなるでしょうか。

(流れるプールの一部で人々がごった返しているシーンを想像するとわかりやすいかも!混雑しているその場所では人も水も流れないですよね。)

老廃物の除去

かたこり

細胞を活性化するための「酸素」と「栄養」を運んでいる血液。その流れが体の一部で滞ってしまうとそこに老廃物が溜まります。

一度溜まってしまった老廃物はそう簡単に流れません。だって老廃物が老廃物をどんどん堰き止めていきますから。だったら老廃物を流せば良いんです。

老廃物が流れれば再び細胞へ新鮮な「酸素」と「栄養」が届けられます。

足もみの効果

足もみ

最初に戻りますが、風邪を引いたお客様が足もみ後になぜ喉の痛みがとれたのか。もうお分かりですよね。

足をもみほぐすことで老廃物が流され血液循環が促進、細胞に十分な酸素や栄養が届けられ細胞自体が元気になり免疫システムが正常に動き出したからです。

若石健康法は即効性がありますが、効果が顕著に現れて良かったです!

かなりざっくりとした説明ですが(;^_^A、免疫システムを何となぁく理解していただけると足をもむことが楽しくなりますよ(^_-)-☆。

2019年10月リニューアルオープン

2017年1月~渋谷区初台のシェアサロンにて営業を行ってまいりましたが、2019年10月東村山市でリニューアルオープンする運びとなりました。

現在、オープンにむけて準備中です。営業日が決まりましたら当ブログでお知らせ致します。

▼ポチっと押していただけると励みになります。


リフレクソロジー(反射療法)ランキング

error: Content is protected !!