Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
人間のからだについて

リフレクソロジーで冷え解消 | 毎日の積み重ねで体温アップを目指す。

長引かせる病

<女性限定>東村山市のリフレクソロジーサロン若石足療セラヴィのサロンオーナー山田愛です。

ここ2日間、蒸し蒸しとした暑さで寝苦しく夜中に何度も目を覚ましました。寝室にエアコンがないので本格的に夏が来る前にエアコンの導入を検討しなければ・・・。

ただ、そこで注意しないといけないのは「からだの冷やし過ぎ」です。

冷えからくるからだへの影響

ウォーミングアップ

汗ばんだからだをすぐに冷やしたい!気持ちはわかります。でもからだを急激に冷やすとある症状を引き起こすことも。

それは、熱中症です。

涼しい部屋で急激にからだを冷やすと、それまでの体温との温度差が出るため熱中症になることもあるそうです。

熱中症だけではありません。

からだが冷えすぎるとからだの外側だけでなく内側(臓器など)も冷えていることを意識したことはあるでしょうか。

からだは内から温める

自律神経

温かい体は血液循環が関係しています。

発熱で体温が上がるケースは別として、からだが温かい理由は「温かい血液がからだを循環」しているからです。

「血液循環」とは、心臓から送り出された「温かい血液」が全身を巡ることをいいますよね。

温かい血液がスムーズに流れることによりからだの「内側」(芯から)温まります。

からだに「冷え」があると、全身の血液循環が鈍ります。温かい血液がからだの一部で滞るということは血液が十分に届かない臓器が冷えだします。

これって決して「まぁ、いいや」ですむ話ではありませんよね?

足もみはからだを温める方法の一つ

若石の効果

「寒さは足元から」という言葉を聞いたことはありませんか?

健康に関する番組が「足」を特集する理由や「足もとを温めるグッズ」が多いのも「寒さは足元から」という言葉を証明しています。

なぜ、上半身を温めても足は冷たいままなのか
なぜ、足元が温まると全身までポカポカするのか
なぜ、床暖房ができたのか
なぜ、足湯がメジャーになったのか
なぜ、湯たんぽが昔から使われていたのか

血液循環で足に流れてきた血液が心臓に戻るには重力に逆らわなければなりません。

足を動かしたり、定期的な運動をしている方は血液循環もスムーズですが、普段そんなに運動もしていない、足も動かしていない方は常に足が冷えていないでしょうか?

その足の冷えを解消するのに、足もみがいちばん。

エスカレーターではなく階段を使う、健康マットに乗り足を刺激するのでも、どんな方法でもかまいませんが、人の手だと刺激しづらい足の指や指の間など細かい部分も刺激することが可能です。

血液は循環し続けているので、なにより継続していくことが大切!そして健康は「冷え」の影響が大きいんだということも、忘れないでくださいね。

2019年10月リニューアルオープン

2017年1月~渋谷区初台のシェアサロンにて営業を行ってまいりましたが、2019年10月東村山市でリニューアルオープンする運びとなりました。

現在、オープンにむけて準備中です。営業日が決まりましたら当ブログでお知らせ致します。

▼ポチっと押していただけると励みになります。


リフレクソロジー(反射療法)ランキング

error: Content is protected !!